貴院のために教育をする
スタッフ教育は発展する医院にするだけでなくプラスアルファの効果が…
残念ながら、雇った段階ではまだ材料(=人材)です。これを宝(=人財)へと育てることによって医院を発展させることが可能となります。仮に他院で良いスタッフであったとしても、その人が貴院でも良いスタッフであるという保証はありません。貴院にとって良いスタッフは、先生が育てたスタッフなのです。
「スタッフ教育をするような余裕などない」と仰る先生がいらっしゃいます。とてももったいないことです。「教育」と言うと身構えてしまわれる方もいらっしゃいますが、毎日の業務の中で育てていくことは難しいことではありません。ちょっとした工夫で、特別に時間を割かなくても教育することは可能です。むしろ、いわゆる「教育」という形を取らない方がより効果的な教育をすることが可能かもしれません。そして、その「教育」をする主眼は先生と共に戦ってくれる人へと育てることです。それは、医院を発展させることであり、また無駄なトラブルを起こさせないための方策です。
何より重要なことは、スタッフは、先生の理念を具現化してくれる一番の存在であること。スタッフの良し悪しは、外から見れば医院の良し悪しを評価する基準となります。もしスタッフが、先生の方針(理念)と全く違う行動を取っていたとしたら、どういうことになるでしょうか⋯?ましてそれによって悪い噂が広まったりしたら死活問題となりかねません。逆に、スタッフが先生と共に戦うことを意識して行動してくれていれば、これほど強い味方はいないでしょう。そして、そういうスタッフがいる医院は当然のように発展していくことができます。
すでにお気づきかと思いますが、医院の業績を延ばしてくれるスタッフとは、どこかよその医院や会社で高い業績を上げた人ではないのです。貴院がより良い医院となるために「貴院にとって」良い人財が良いスタッフなのです。そしてそれをカスタマイズできるのは、先生以外にはありません。
スタッフ教育は、貴院の必要性を社会へアピールし、貴院の業績を上げるための「貴院の」スタッフを育成するために必要なことなのです。
より良い人財へと育てるための支援をいたします。
大神令子 社会保険労務士事務所が選ばれるわけ
「良い人」を採用する
クリニックのために教育する
やはり重要なスタッフ管理
最後の砦トラブルのない退職
Copyright © 大神令子社会保険労務士事務所 all rights reserved.